在留資格「特定技能」の創設(平成31年4月1日施行)

ビザ申請 法令・改正情報

在留資格「特定技能」の創設(平成31年4月1日施行)
平成30年12月8日、第197回国会(臨時会)において「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の 一部を改正する法律」が成立し、同月14日に公布されました(平成30年法律第102号)。
この改正法は、在留資格「特定技能1号」「特定技能2号」の創設、出入国在留管理庁の設置等を内容とするも ので、平成31年4月1日に施行されました。

「特定技能」の種類

「特定技能」の在留資格には、1号と2号に分かれており、対象業種が異なります。1号には、期間制限が通算5年と 定められており、試験を通過すると、①、②の1号の方は、2号に移行でき、期間制限がなくなります。 [promobox column=2] [promo title=”特定技能ビザ1号の対象業種” titlecolor=”#444″ titlehovercolor=”#227BCD” icon=”icon-globe” iconhovercolor=”#4DCE2E” iconstyle=”round” iconalign=”left” iconcolor=”#227BCD” url=”#”] ①建設業、②造船・舶用工業、③自動車整備業、④航空業、⑤宿泊業、⑥介護、⑦ビルクリーニング、⑧農業、⑨漁業、⑩飲食料品製造業、⑪外食業、⑫素形材産業、⑬産業機械製造業、⑭電気電子情報関連産業 [/promo] [promo title=”特定技能ビザ2号の対象業種” icon=”icon-space-invaders” iconalign=”left” iconstyle=”square” iconcolor=”#fff” iconbgcolor=”#aaa”] ①建設業、②造船・舶用工業 [/promo] [/promobox] アイコンを右側に配置した場合

1号と家族滞在

1号は5年で帰国することが前提なので、日本に家族を連れてくることはできません。

特定技能1号を取得する外国人に求められる技能水準

「特定技能」1号を取得する外国人に求められる技能水準は「相当程度の知識又は経験を必要とする技能」です。
これは、相当期間の実務経験等を要する技能であって、特段の育成・訓練を受けることなく直ちに一定程度の業務 を遂行できる水準のものを言います。

関連記事

行政書士事務所REAL概要

行政書士事務所REAL
埼玉県上尾市大字平塚3115-6
TEL:048-677-2601
平日土日祝日9:00~20:00
2005年開業。

 

初回相談無料。お見積り無料。

 

当事務所は、「埼玉県上尾市大字平塚3115-6」にあります。
お車でのお越しいただくこともできます。
JR高崎線上尾駅から車で15分位 羽貫駅から車で10分位 の場所になります。
事業者様の事務所や個人様のご自宅や最寄り駅へ出張してのご相談を承っております。

行政書士事務所REAL Access Map

埼玉県上尾市大字平塚3115-6

最近の記事

  1. ソーラーシェアリングの農地一時転用許可。条件付き3年→10年農地一…

  2. 認知症になった祖父が大変になってしまったこと

  3. 生前の遺留分放棄に関する家庭裁判所の判断基準

  4. 遺言代用信託

  5. 解体工事業の新設|建設業許可|行政書士事務所REAL

行政書士事務所REAL Twitter