生前の遺留分放棄に関する家庭裁判所の判断基準

業務情報 遺言

生前の遺留分放棄に関する家庭裁判所の判断基準

生前の遺留分放棄の家庭裁判所の許可

被相続人が生存中に、相続人が遺留分の放棄を行う場合には、家庭裁判所の許可が必要です。

遺留分放棄に関する家庭裁判所の判断基準

家庭裁判所が遺留分放棄の許可をする基準は以下の3つです。これらの3つの基準を全て満たしている必要があります。
  1. 遺留分の放棄が本人の自由意志に基づくものであること
  2. 遺留分放棄に合理的な理由と必要性があること
  3. 遺留分放棄の見返りがあること
相続手続き

関連記事