自転車損害保険等への加入義務化

平成30年4月1日より、自転車損害保険等への加入義務化

平成30年4月1日より、自転車損害保険等への加入が義務化されました。
自転車事故で、相手の歩行者に大けがを負わせ、高額の賠償を命じられる事例が注目されています。
埼玉県では、被害者の救済と、加害者の経済的負担の軽減を図るため、平成30年4月1日より、条例で、自転車損害保険等への加入が義務となりました。

自転車損害保険等への加入が必要となる場合

自転車損害保険等への加入が必要となる場合

  1. 自転車利用者
  2. 埼玉県内で、自転車を利用する場合、自転車損害賠償保険等への加入が義務となります。
    未成年者が自転車を利用する場合は、保護者等が加入する必要があります。
  3. 自転車を利用する事業者
  4. 仕事に自転車を利用する場合、自転車損害賠償保険等への加入が義務となります。
  5. 自転車貸付業者
  6. レンタル自転車を貸し付ける場合、自転車損害賠償保険等への加入が義務となります。