後見支援預金制度について|行政書士事務所REAL

後見 法令・改正情報

後見支援預金|行政書士

後見支援預金制度について

被後見人の財産のうち、通常使用しない金銭を、「後見支援預金」として、別の口座で管理するしくみです。

後見支援預金口座の入出金等の取引は、後見支援信託と同様に家庭裁判所が発行する「指示書」が必要となります。

後見支援預金口座を開設できるのは、専門職後見人(弁護士・行政書士等)に限定されず、他の専門職後見人及び親族後見人等が家庭裁判所の判断により選任されることとなりました。

信用金庫の取り扱い

埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、青木信用金庫、飯能信用金庫の埼玉県内の信用金庫は、順次、「後見支援預金」の取り扱いを始めました。

後見支援預金が、後見支援信託に対するメリットは

  • 専門職後見人の選任が必須ではない
  • 預入金額の下限がない
  • 費用が一切発生しない
  • 信用金庫支店が身近にあるため利用しやすい

任意後見契約公正証書作成サービス

関連記事

行政書士事務所REAL概要

行政書士事務所REAL
埼玉県上尾市大字平塚3115-6
TEL:048-677-2601
平日土日祝日9:00~20:00
2005年開業。

 

初回相談無料。お見積り無料。

 

当事務所は、「埼玉県上尾市大字平塚3115-6」にあります。
お車でのお越しいただくこともできます。
JR高崎線上尾駅から車で15分位 羽貫駅から車で10分位 の場所になります。
事業者様の事務所や個人様のご自宅や最寄り駅へ出張してのご相談を承っております。

行政書士事務所REAL Access Map

埼玉県上尾市大字平塚3115-6

最近の記事

  1. ソーラーシェアリングの農地一時転用許可。条件付き3年→10年農地一…

  2. 認知症になった祖父が大変になってしまったこと

  3. 生前の遺留分放棄に関する家庭裁判所の判断基準

  4. 遺言代用信託

  5. 解体工事業の新設|建設業許可|行政書士事務所REAL

行政書士事務所REAL Twitter