道路占用許可・道路使用許可|行政書士事務所REAL

「道路の占用」とは

道路の占用については、道路法第32条に規定する物件、工作物、施設を設け、継続的に道路を占用する場合に、当該道路管理者に許可申請書を提出し、 許可を受けなければなりません。
また、占用する物件、工作物、施設にはそれぞれ詳細な条件等が定められていますので許可申請を行う場合は、 必ず窓口での審査等が必要となります。

道路占用許可が必要な主なもの

道路法第32条第1項各号及び道路法施行令第7条に掲げる工作物には占用許可が必要となります。
  • 電柱、電線、街路灯など
  • 広告塔、ベンチ、ごみ容器、公共掲示板など
  • バスの停留所、看板、たれ幕など
  • 標識、案内標識など
  • 各種路上イベントにかかわるもの
  • 水道管、ガス管、下水道管など

道路管理者の許可

道路を管理している「道路管理者」 の許可を受ける必要があります。
  • 国土交通大臣・・・一般国道で政令指定された区間
  • 都道府県知事・・・その他の一般国道で政令指定されていない区間及び都道府県道
  • 政令指定都市の市長・・・その他の一般国道で政令指定都市の域内にある区間、都道府県道及び市町村道
  • その他の市長・・・市町村道

道路占用料

許可を受けた後に道路占用料が必要になります。
この費用は、占用しているもの(種類)、大きさ、場所によって異なります。

許可書を交付するまでの期間

占用許可までの標準的な処理期間は行政手続法に基づき、受付から2~3週間以内と定められています。

道路占用許可にかかる費用

  • 占用料

  • 別途

  • 道路管理者に支払う費用
  • 書類作成代行報酬

  • ¥43,200

  • 当事務所書類作成代行費用
  • 申請書作成
  • 諸費用

  • ¥約4,320~

  • 添付書類作成費用

道路使用許可

道路管理者による道路の占用の許可のほかに、道路交通法の規定により所轄警察署長から「道路使用許可」 を受ける必要があります。
道路使用許可の対象となる行為は以下のとおりです。(道路交通法第77条)
  • 道路において工事若しくは作業をしようとする行為
  • 道路の石碑、広告板、アーチ等の工作物を設置する行為
  • 場所を移動しないで、道路に露天、屋台等を出そうとする行為
  • 道路において祭礼行事、ロケーション等をしようとする行為
※道路の占用に関して、上記の行為が生じる場合は「道路使用許可」の手続きも必要になります。 なお、「道路占用許可」と「道路使用許可」の申請の提出はどちらか一方の窓口を経由して行うことができる とされています。
※道路使用許可の審査手数料として約2,500円がかかります。

道路使用許可の費用

  • 審査手数料

  • 約2,500円

  • 警察署に支払う手数料
  • 書類作成代行報酬

  • ¥32,400

  • 当事務所書類作成代行費用
  • 申請書作成
  • 諸費用

  • ¥約4,320~

  • 添付書類作成費用