認知症と遺産分割協議

後見 相続

認知症と遺産分割協議

認知症と遺産分割協議

相続人が認知症になって、法律行為を判断する能力がない場合は、遺産分割協議をすることはできません。
判断能力がない場合は、認知症の相続人に成年後見人を選任する方法があります。
後見人がその相続人の意思や権利を尊重し、相続人に代わって、遺産分割協議に加わり、相続分を主張します。
[button color=”#6B5DFE” title=”成年後見” icon=”icon-mail-alt” url=”https://real.or.jp/gyoumu/guardianship/”]

関連記事

行政書士事務所REAL概要

行政書士事務所REAL
埼玉県上尾市大字平塚3115-6
TEL:048-677-2601
平日土祝日9:00~20:00
2005年開業。

 

初回相談無料。お見積り無料。ご相談は予約制になります。

 

当事務所は、「埼玉県上尾市大字平塚3115-6」にあります。
お車でのお越しいただくこともできます。
JR高崎線上尾駅から車で15分位 羽貫駅から車で10分位 の場所になります。
事業者様の事務所や個人様のご自宅や最寄り駅へ出張してのご相談を承っております。

行政書士事務所REAL Access Map

埼玉県上尾市大字平塚3115-6

上尾駅東口徒歩1分の会議室でのご相談

上尾駅東口徒歩1分のレンタル会議室でもご相談を承っています。予約制になります。
埼玉県上尾市仲町1-7-27 アークエムビル7F
*1Fの黄金の牛という焼肉屋と
2Fの早稲田アカデミーが目印となります。

最近の記事

  1. 夫の借金の妻の支払い義務

  2. 男女別の離婚原因ランキング

  3. 自筆証書遺言書保管制度とは

  4. 法人設立後等の県税事務所の届出

  5. 空き家の増加と相続手続き

行政書士事務所REAL Twitter