事業承継|行政書士事務所REAL

事業承継とは

「事業承継」とは、個人又は企業が営む事業を後継者に承継することです。

事業承継の種類

事業承継には、
  • 親族が承継する
  • 従業員が承継する(EBO)
  • 取締役等が承継する(MBO)
  • 企業売却(M&A)
などの方法があります。

事業承継の方法

遺言書や公正証書の作成、種類株式活用のための定款変更等、効果的で円滑な承継を実現するために 計画的に手続きを進めていきます。

中小企業経営承継円滑化法

中小企業経営承継円滑化法は、遺留分に関する特例、事業承継時の金融支援措置、事業承継税制などを 基本的な取組みとしています。

中小企業承継事業再生計画の認定(産活法)

産活法(産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法)の「中小企業承継事業再生計画」とは、 財務状況が悪化している中小企業が、会社分割又は事業譲渡によって、収益性のある事業等を、 他の会社(新設会社を含む)いわゆる第二会社に承継させることにより、中小企業の再生を図る計画の ことです。
この「中小企業承継事業再生計画」の認定を受けると、営業上必要な許可を承継できる特例(許可自体に 空白期間が生じないため、通常通り事業を遂行できる)や税負担の軽減措置及び金融支援を利用することにより、 事業再生に集中して取り組むことができることになります。
承継の対象となる許認可

承継の対象となる許認可

  • 旅館営業の許可
  • 一般建設業の許可・特定建設業の許可
  • 一般旅客自動車運送事業の許可(バス・タクシー)
  • 一般貨物自動車運送事業の許可(トラック)
  • 火薬類の製造の許可、火薬類の販売営業の許可
  • 一般ガス事業の許可・簡易ガス事業の許可
  • 熱供給事業の許可

中小企業承継事業再生計画の承継類型

会社法に規定される譲渡又は吸収分割を利用して、新設譲渡型・既存譲渡型・新設分割型・新設会社吸収分割型 ・既存会社吸収分割型等の方法をもって事業の全部または一部を承継させていきます。