古物商許可|行政書士事務所REAL

古物商許可

古物営業とは

古物を自ら売買、交換する営業、あるいは他人から委託を受けて古物を売買・交換する営業です。
古物営業は、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法に基づき、営業所の所在地を管轄する警察署に 古物商許可申請をして、許可を取得してから古物の売買等の営業を開始しなければなりません。

古物営業にあたらないケース

  • 古物の買い取りを行わずに自己の所有する物を売却する。
  • 自己の所有する物をインターネットオークションに出品する。
  • 自己が無償でもらった物を売却する。
  • 自己が売却した物品を売却した相手方から買い戻す。
  • 自己が外国で古物を買付け、国内に輸入したものを売却する。

古物商許可が必要なケース

  • 古物を買い取って売却する。
  • 古物を買い取って修理等して売却する。
  • 古物を買い取って使える部品等を売却する。
  • 古物を買い取って賃貸する。
  • 国内で買い取った古物を国外に輸出して売却する。
  • 古物の買い取りを行わずに、委託売買をして手数料をもらう。
  • 古物を別の物と交換する。
  • 上記の売却等をインターネット上で行う。

古物の品目

  1. 美術品類(古美術、骨とう品、絵画、書画、彫刻、工芸品等)
  2. 衣類(洋服、着物、革製品、敷物類、布団、帽子等)
  3. 時計・装飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装飾具、貴金属類等)
  4. 自動車
  5. 自動二輪車
  6. 自転車類
  7. 写真機類(カメラ、望遠鏡、双眼鏡等)
  8. 事務機器類(パソコンと周辺機器、コピー機等)
  9. 機械工具類(医療機器、電化製品、工作土木機械、小型船舶等)
  10. 道具類(家具、CD、玩具類、日用雑貨、楽譜等)
  11. 皮革・ゴム製類(鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品等)
  12. 書籍
  13. 金券類(商品券・ビール券・乗車券・切手・印紙等)