屋外広告業登録|行政書士事務所REAL

屋外広告業登録とは

広告主から屋外広告物の表示や掲出物件の設置に関する工事等を請け負うなど、屋外で広告物を公衆に表示することを業として行う営業を「屋外広告業」といいます。
屋外広告業を営む方は、営業活動を行う都道府県(又は一部の市)へ屋外広告業の登録をしなければなりません。

埼玉県で営業活動を行う場合

埼玉県で営業活動を行う場合、以下の営業活動を行う地域別に登録を受けなければなりません。
  • 埼玉県・・・さいたま市、川越市、川口市、越谷市を除く埼玉県内全域
  • さいたま市
  • 川越市
  • 川口市
  • 越谷市
※4市とも埼玉県に屋外広告業として登録されたことを届け出ることにより、市に登録したとみなす制度があります。
※川口市が中核市へ移行したことに伴い、既に埼玉県に登録を行った屋外広告業の方であっても、平成30年4月1日以降に川口市内で屋外広告業を営む場合には、埼玉県とは別に川口市へ屋外広告業の登録が必要になります。

全国で営業活動を行う場合には

全国で営業活動を行う場合には、全国の都道府県や一部の市町村へ屋外広告業の登録をしなければなりません。
当事務所では、全国の屋外広告業登録申請代行業務を承っております。全国対応!

屋外広告業登録取得(新規)の費用

  • 登録手数料

  • ¥10,000

  • 都道府県・市町村に支払う手数料
  • 書類作成代行報酬

  • ¥64,800~

  • 当事務所書類作成代行費用
  • 申請先の数等により異なります。
  • 諸費用

  • ¥約10,800~

  • 謄本証明書取得費用
  • 証明書取得費用(実費込)1通2,160円
  • ※役員の数等により異なります。
屋外広告業登録の取得(新規)費用合計
0円~

屋外広告業登録の主な要件

屋外広告業登録の主な要件

営業所ごとに業務主任者(次のいずれかに該当する方)を設置すること
  1. 屋外広告士の試験に合格した者
  2. 都道府県、政令市、中核市が行う屋外広告物に関する講習会の課程を修了した者(他の都道府県・市で開催された講習会でも可)
  3. 広告美術仕上げに係る職業訓練指導員免許を受けた者、広告美術仕上げに係る技能検定合格者、広告美術仕上げに係る職業訓練を修了した者
  4. 知事が1~3と同等以上の知識を有するものと認定した者
  5. 屋外広告物講習会について、埼玉県内では、さいたま市、川越市、川口市、越谷市及び埼玉県の5者が、年に1回、持回りで屋外広告物講習会を開催しています。
※法人の場合は、定款の目的欄もご確認ください。定款変更・登記変更のご相談・ご依頼も承っております。

屋外広告業登録の有効期間

登録の有効期間は5年間です。有効期間満了後も引き続き屋外広告業を営もうとする場合は、更新の登録の申請が必要となります。
有効期間の満了する日の3か月前から更新申請の受付を行っていますので、30日前までには更新の申請手続を行うようにする必要があります。

屋外広告業登録更新の費用

  • 登録手数料

  • ¥10,000

  • 都道府県・市町村に支払う手数料
  • 書類作成代行報酬

  • ¥54,000~

  • 当事務所書類作成代行費用
  • 申請先の数等により異なります。
  • 諸費用

  • ¥約10,800~

  • 謄本証明書取得費用
  • 証明書取得費用(実費込)1通2,160円
  • ※役員の数等により異なります。
屋外広告業登録の(更新)費用合計
0円~

屋外広告業登録に係る変更の届出

以下に該当する内容に変更が生じたときは、変更があった日から30日以内に変更届出が必要となります。
  • 氏名又は名称
  • 住所又は所在地
  • 法人の代表者
  • 法人の役員
  • 営業所の名称又は所在地、新設、廃止
  • 法定代理人の住所又は氏名
  • 業務主任者、住所
※さいたま市、川越市、川口市、越谷市に特例届出を行っている登録者(埼玉県に屋外広告業として登録されたことを届け出たことにより、市に登録されたとみなされている事業者)は、埼玉県とは別に、それぞれの市へ変更の届出が必要です。

屋外広告物に関する法令等

営業活動を行う地域によって屋外広告物のルール(適用される条例等)が異なります。