離婚後の仕事探しのための支援制度

離婚

離婚後の仕事探しのための支援制度

離婚後の仕事探しのための支援制度

離婚後の仕事探しのための支援制度

  • 母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金
  • 母子家庭の母又は父子家庭の父の主体的な能力開発の取組みを支援するもので、対象教育訓練を受講し、 修了した場合、経費の60%(1万2千1円以上で20万円を上限)が支給されます。(雇用保険法に基 づく一般教育訓練給付金の支給を受けることができる者は、その支給額との差額を支給。)
    支給については、受講前に都道府県等から講座の指定を受ける必要がありますので、必ず事前にお住まいの 市(町村在住の方は都道府県)にご相談下さい。
  • 高等職業訓練促進給付金
  • 母子家庭の母又は父子家庭の父が看護師や介護福祉士等の資格取得のため、1年以上養成機関で修業する 場合に、修業期間中の生活の負担軽減のために、高等職業訓練促進給付金が支給されるとともに、入学時の 負担軽減のため、高等職業訓練修了支援給付金が支給されます。
  • 母子家庭等自立促進講習会
  • 母子家庭等の自立促進と生活の安定を図るため、パソコンなどの必要な知識、技能を習得するための各種 講習会の開催。
  • 高等学校卒業程度認定試験合格支援
  • ひとり親家庭のより良い条件での就職につなげていくため、高卒認定試験合格のための講座(通信講座を含む。 )を受け、修了した時及び合格した時に受講費用の一部を支給する事業を実施しています。
    高卒認定試験合格のための講座(通信講座を含む。)を修了した場合、受講費用の2割を支給されます。
    また、高卒認定試験に合格した場合には、これに加えて、受講費用の4割を支給されます。
    ※最大、受講費用の6割(上限15万円)を支給されます。
  • ひとり親家庭の在宅就業支援
  • 自営型の在宅就業(雇用型テレワーク)を希望する方を支援するため、業務を行いながら独り立ちに向けた ノウハウを蓄積できるよう、「在宅就業コーディネーター」がサポートを行います。
    在宅就業を希望するひとり親に対し、在宅就業コーディネーターによる支援を通じ、自営型の在宅就業や 企業での雇用(雇用型テレワーク)への移行を支援します。(在宅就業に必要な基本的なスキルの習得が 必要な場合には、母子家庭等就業・自立支援センター事業で行われている訓練等を受けます。)具体的に は、在宅就業に係る業務の調達、在宅就業者への業務発注、在宅就業者が納入した業務の検収と納品を行う など、在宅就業者のサポートを行います。
離婚相談

関連記事